読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然に生きたいマン

自然に生きたいマン、そうそれは「しっくりとくる」自然なものを愛し、ありとあらゆる不自然的なものの根絶を目的とする者である…

役に立たない読書のすすめ?

先にまとめ

・『役に立たない読書』の著者林望氏は、「読書を何かに役立てようという」という考えは不純だと語る。

・本をいっぱい読んで博識になるのは偉いだとか、仕事に役立ちそうな本をいっぱい読むべきだという発想は切り捨てる。

・情報過多の時代だからこそ、一冊をどれだけじっくり読むかに読書の価値がかかっている。

 

今朝、目に留まる記事がありました。

元々は書誌学者であり、現在は作家・国文学者として活動しているリンボウ先生こと林望さんが、自著の『役に立たない読書』(集英社 インターナショナル新書)を通じて読書のあり方を説くという記事でした。

 

本に関するスペシャリストである林氏、しかし「例えば『戦争と平和』(世界文学の定番)なんて読んだことない」と同氏はインタビューの中でさも当然かのように言い放っていました。

 

「本をたくさん読むから偉い人という考え方は間違っていると思っているんですよ。」

「万巻の書を読んだ人はみんな人格者になるはずなのだけど、どうかすると逆に、万巻の書を読んだ人は鼻持ちならない人が結構いたりするわけですね笑」

 「本当の読書というのは、どれだけじっくり読むかにかかっているのではないかと」

 と林氏は語っていました。

文学者という立場だからこそ感じられる面白い視点だなぁと、朝からいい事を聞けたと思わされました笑

 

またその上で林氏は、読書で何か役立てようという考えは不純だと語り、自分が「ああ楽しかったなあ」と思えればそこで読書は完結する。面白いと思えるという事、そしてその面白さをじっくりと読み味わえるという事に読書の価値があると言っています。

 

そしてその上で、役に立たなくても面白いから読み継がれているのが「古典」だという事を最後に林氏は推している。

 

 

僕自身、役に立ちそうな本を読み漁るという癖があるので、考えさせられる内容でした…。

特に、その本で面白いと思ったものをじっくりと読み味わうということに読書の価値がある。というところには強い共感を得ました。というのも、思い返してみれば、面白い!と強く感じれば感じた本やその内容ほどよく覚えているという事に気づいたからです。

 

となると、林氏は記事で古典を面白い本の代表としてあげていましたが、誰が何を読んだら面白いと感じるのかは違うと思いますし(その上で古典は多くの人に面白いと思われるのでしょうが)、大事なのはやっぱり読み方なのかもしれません。

例えば、ビジネス書もその著者がその本で紹介する内容を思いつくに至った物語として読み深めれば面白くなるかもしれないですね!

 

参考記事「著者は語る リンボウ先生 役に立たない読書のすすめ」 日経新聞2017/5/20

副業ではなく複業?パラレルキャリアってなんぞや

先にまとめ

・パラレルキャリアとは、本業と同時並行で別の仕事を持ったり社会活動などに参加するライフスタイル。

・パラレルキャリアの持つ強みは、第2、第3の居場所を持つことで自分の価値を様々な場で発揮することができ、そこで認められることによって気持ちを切り替え、本業にもポジティブに向き合うことができること。

・社外活動で得たスキルや人脈などが、転職にも生きる。

 

先日(5/19)の日経新聞に面白い記事がありました。

なんでも本業のみに限らず、複数の仕事を持つという「パラレルキャリア」という生き方が注目されているのだそうです。

(※パラレルキャリアという概念はかの経営学の父ドラッカーが提唱していたものらしい)

 

どうも仕事となると、自分が出来そうなことやなんとか続けていけそうなことを選んでいるという人が多数派なのではないか、と自分は思っている(かつそれが間違っているとは思ってない)ので、空いている時間を使って「やりたいこと」や「興味があること」にも取り組んで、さらにそれを本業にも生かすというこの生き方はとても面白いと思います

そもそも空いている時間があるんかという問題は…

 

(^_^;)

 

 

この記事の著者もパラレルキャリアの実践者であるらしく、その中で実感しているのは「自分の存在価値を感じられる場所は複数あったほうがいい」ということだそうです。

またパラレルキャリアの持つ強みは転職において本業外で得たスキルや人脈がプラスに働くことがあるという点にもあるそうです。例えば、マネジメント経験といった会社の事情によってはなかなか経験できない経験を外で積むことにより、転職時に評価されるということがあるそうだとか。

 

以前、転職には2種類の転職があると教わったことがあります。

1つは、今の職場の労働環境や条件等に耐えられず、より良い環境・待遇を求めて職場を変える転職。

2つめに、自分がしたいことがより具体的なものになり、それを実現するのに今の環境より良い場所を見つけたから職場を変える転職。

どちらが良いか悪いかというのは問題ではありません。

ただ僕がこの話を聞いた時、この2つ目の転職が出来るということは自然な形で「やりたいこと」と「仕事」がクロスするという意味で、こういう転職が多くなるといいなぁ個人的には思いました。

 

そして、この2つ目の転職をするのには、自分がしたいことが具体的なものになる必要があり、そのためには「まだ具体的ではない段階の自分がしたいこと」をやってみる必要があると思います。その必要を満たすことが出来るという意味でも、このパラレルキャリアという生き方は是非少しずつでも浸透していってもらいたいですね。

 

参考記事 日経新聞2017/5/19『「パラレルキャリア」なぜ注目? 転職成功の強い味方』