Now's the time

日本一学校教育に適さない大学生。アドリブ雑記ブログです

書評:『伝え方が9割』+『伝え方が9割②』

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 
伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

 

個人的評価3.0 /5.0

 概要

人は1日に平均22回、人にお願いをしている。その中で少なくとも1つ、今までNOだったものをYESに変えることができたら、人生は変わるのではないか?

そんな、普段の生活から人生を変える可能性を秘めた【伝え方の技術】を、「元々文章を書くのが苦手でしょうがなかった」というコピーライターの佐々木圭一さんが書き綴っている。

 

良いところ

・読み返しがしやすい

 この手の「コミュニケーション能力を上げる方法」「話し方を鍛える」みたいな本は、メソッドが多すぎたり、その本自体が読みにくかったりするものが多いのだけど、この本は無駄がかなり削いであるので本当にパッと読める。

 

なので、「大事なお願いをするけど、どう伝えよう」とかいう時にパッと読み直して効果の高いお願い事をすることができるのが○

 

やっぱり人間は忘れる生き物。いいメソッドも本当に意識して使わない限り少しずつ頭から離れてしまいます。

 

「伝える」という日常的な作業を対象としたうえで、なんだっけとなった時になんども気軽に読み直せるこのライトさは間違いなくこの本の一番の長所ですね

 

・広告とかのマーケティングとかを冷静に見れるようになる

 この本に載っているメソッドは実際のコピーライターが活用しているものなので、読み終わってからいろんなキャッチコピーとかを見ると「あっ、あの技法で書いてある」という捉え方ができるようになり、その言葉にかかっている化粧を剥がして見れるようになります。

 

「なんとなんと!! 今なら1,990円!!!」みたいなコピーを見たら、

「なるほど、リピート法で「1,990円」っていうのを大げさにしてるんだなぁ…」

みたいに捉える力が身につくので、こういうのに弱い人には強力な盾になるでしょうね

 

 

悪いところ

・いや、誠実さが9割でしょ!

この本は一番の長所であるライトさのために「伝え方の技術」以外の要素は基本書いてないです。

 

なので、この本だけを読んでコミュニケーション能力を身につけようというのは一切オススメしません。

 

なぜなら、一回限りの仕事のお願いをするだけとかいう時ならまだしも、長い付き合いになるであろう人物に対しては、何より誠実さを持って会話をするというのが長期的には一番重要であり、この本で紹介されるようなテクニックは所詮手段でしかないからです。

 

例えば自分がなんらかのミスで人に迷惑をかけてしまった時、保身に走って自分を守るためだけに技術を行使すると、バレた時に相手の印象は「ずる賢い奴」になりむしろ悪化してしまいます。

 

あくまで、自分の非をいち早く認め、「相手に迷惑をかけてしまい申し訳ない」という意を伝える場合であれば、その気持ちが伝わるよう技術を使うのには意味があると思います。

そうすれば結果的に、自分を救うことになりますからね!

 

この本はそのテクニックだけのみ紹介する本なので、そういったことについては一切言及がありません。

 

人はなんだかんだ賢いので、「逃げ」はすぐばれます。

 

自分が誠実に「これがもっと流行って欲しい!」「あの人にこのことを伝えてあげたい!」という時だけ、技術を使って工夫するという事はこの本に興味がある人にはぜひ認識していただきたいです。

 

 

こんな人にオススメ!

①広告とかキャッチコピーに弱くてそれをどうにかしたい方

②どうしても伝えたいことがあるのに、自分のライティング力に自信のない方。

 

①の方には普通にオススメです。世の中の言葉のお化粧をひっぱがせます。

 

②の方は、あくまで自分を一時的な感情の高まりで使わない限りは、この本にある技術は本当に使いやすく効果もあるのでぜひなんども繰り返して身に付けることをオススメします!

 

 

個人的一番の学び

『技術に使われるな、技術を使え』 

書評:『エコノミックス 漫画で読む経済の歴史』

 

エコノミックス――マンガで読む経済の歴史

エコノミックス――マンガで読む経済の歴史

 

 概要

アダムスミスの国富論が登場する17世紀から現代のオバマケアあたりまでの、主にアメリカを中心とした世界の経済・経済学の流れを歴史で、なおかつ漫画で解説する新たなスタイルの経済史の一冊。

 

 

良いところ

・この一冊だけで経済ニュースを見る目が変わる。

 何と言っても今までの経済や経済学を歴史の流れに沿ってこの一冊だけで知ることが出来るのがとても◯ 更に言えば経済の一つ一つの現象、例えば世界恐慌リーマンショックギリシャ財政破綻などがどのような背景と文脈で起こったのかが分かるので、経済ニュースを見るときに「あっ、これは何となくあの時の流れと似ているな」と思えるようになったのがこの本の一番の魅力なのは間違いない。

 

・人間のバカっぷりが面白い

 「学問の理論と実際社会はかけ離れている」というのは数百年前から変わらないんだな…笑 と分かる。 この本の内容(つまり今までの経済史)をザッというと、

 

従来の経済学だけを盲信して崩れる

新しい概念を取り入れて一時的に成功して調子に乗る

従来の(以下略)」

 

の繰り返しでしかない。

 

そんな歴史の中でも少しずつモノの総量は増えてはいくものの、

 

いつの時代も金持ちは「税金下げろ」「貧乏人は富に値しないだけ」

 

貧困層は「金持ちばっかり得しやがって、やっぱり政府と金持ちはクソ」

 

というのもなかなか変わりません。そして経済学の視点から見てるからなのかもしれないが、人間お金好きすぎるでしょ。

 

 そしてこの本の最終章には著者がメッセージとして「これらの問題が解決されてこなかったのは、社会がそれを解決し得る技術を選択しなかったらだ。」と訴えている。

 

これだけ同じ過ちを繰り返し、果てには自分たちの住む環境を住みづらくなるまでに汚染してきている人類。

 

 私たちが、私たちの今までを見て、これからどういう選択をしていくべきなのか。というメッセージ性の強さもこの本の素晴らしさのひとつでしょう。

 

悪いところ

・質も量もボリューム満載で「ライトさ」はない

 いわゆる「マンガで分かる〇〇」シリーズと同じようなものだろうという気持ちで読むと後悔するボリュームがある。310ページで今までの経済史を深すぎず、されど浅すぎずに解説しているのだから仕方ないのだが、読書慣れしていない人だったら3日程度かけて一周して、もう一度内容をしっかり掴むためにあと一日で1週くらいかかると予想。

 

 

こんな人にオススメ!

『’経済’に少しでも興味がある人全員 ※特にこれから学びたいという方』

 

間違いなく、「経済学入門」的な本の中ではずば抜けてオススメの一冊です。

需要供給曲線とかGDPの算出計算式とかを勉強する前に、まずこれで「それらの理論はどう生まれ、どう活用されてきたのか」を分かってから勉強することで、意味は全然違ってくること間違いなしです!

 

 

個人的一番の学び

『歴史に勝る学問なし!』 

 

安定って、人と違うことだと思う

僕は今、大学3年生です。

一般的に言えば、「そろそろ就活について色々と考えなきゃいけない」時期でしょう。

 

最近、所属するゼミの活動の一環で参加する予定のビジネスコンテストに向けての様々な準備をしています。

 

僕はもともと人に言われたことが嫌いであるという単純な理由から起業にとても関心があり、ホリエモンこと堀江貴文さんの本を読んだり、学生の起業を支援する日本のNPO法人ETICのインターンに行ったりしてきました。

 

そういった経験やそこで得た知識、また様々なニュースを通して、

 

・AIやロボットといった技術の発展で、ほとんどの仕事は自動化が可能になる。

グローバル化で競争が更に激化し、一見安定しているような企業もちょっとした綻びであっという間に危機に陥る可能性が十分にある。

・逆に世の中は今までは評価されてこなかったような分野でも優れた能力が一部の人にでも評価されれば生きていける仕組みができた(例:ゲーム、Youtubeなど)

 

ということが現状なのだということを知り、それだったら

 

「安定 = 自分の好きなことを仕事にすること」

 

なのではないかと考えるようになり、今では確信しています。

 

なので、自分はビジネスコンテストを、「新しいアイデアを作って自分も好きなことを仕事にする一歩」にできると思い、非常に楽しみにしていました。

 

しかし、ゼミが自分たちに求めていたものも、周りのメンバーが参加する理由も全て「就職のため」というのが現状でした。

 

「なぜ、就職にするの?」「起業したいと思わないの?」

と聞けば答えは必ず

「安定するから」「危険だと思う」

 

僕は思います、今最も危険で安定しないのは「安定している」という理由で就職することです。

安定して就職をするために、何をするのでしょうか。

SPIテストの勉強をして、

TOEICのスコアを取るために勉強して、

合同説明会に行くのでしょうか。

それこそ、何千、何万という人がやっているようなことと同じことをして、安定なんてあるんでしょうか?

 

機械より計算が遅く、

アメリカ人より英語ができず、

面接のために自己分析をするだけするような人は安定できるのでしょうか?

 

自分じゃなくてもできる人が沢山いる単調な仕事に、「仕事やめたい」「月曜日が嫌い」とtwitterでつぶやいては今日もその仕事を続けるのは安定なのでしょうか?

 

僕はまだ20歳で世の中のことをまだ全然よく分かってません。

 

ですが、本当に安定する人は魅力的な人だということは分かります。

 

そして魅力的な人とは「他人から代替不可能だと認められる人」だと僕は思います。

 

そうなるには、他人とは違うことをしなければいけません。

 

ですが、そんなのは簡単なはずです。

 

なぜなら、誰もが違う親の元に生まれ、違う容姿を持ち、違う家で過ごし、違う学校のに通い、違う団体に入り、違う人と出会い、違うものを見て、違うご飯を食べて、違う時間に寝て起きるからです。

 

全ての経験も知識も情報も同じなんてことは絶対にありえません。

 

ならば、その人の感性、何が好きで何が楽しくてといった気持ちは必ず他の人と違うはずです。

 

自分の感性を信じて、生きていくことが安定につながると、僕は今考えています。

 

 

僕自身も、このビジネスコンテストを通した一件はどうしても書き綴りたくなるほどに自分の感性に響く経験でした。

 

僕は、イキイキと自分が楽しいと思うことに熱中する人を見るのが好きです。

なので、周りが求める就職のために、自分の好きなことをするのが制限されて苦しんでいる人を見るのはとても「違う」と感じます。

 

だから僕は、周りからの影響で好きなことに熱中するのが「怖い」という人を助けることを仕事にします。

 

まずは今ここまでこの記事を読んでくれた方の心が、少しでも変わってくれれば幸いです。

自然に、頭を使って読書しよう

先にまとめ

・やっぱり速読、無理です。いわゆる速読的読み方は才能ないと無理です。

・ただし、先に全体像を掴んでからの読書というのは本当に速くなるなど、工夫次第では生かせるメソッドもある。

・自然に読み、読む道筋を工夫した読書が一番楽しい。

 

 

taro-1997.hatenadiary.jp

 

この記事を書いた時に「速読は魔法じゃない」ことを認識し、

・読書慣れが大事

・知らないことを探すための速読で、変な期待を無駄

 

という結論を出したものの、

「でもこの高速大量回転法(↑の記事にて紹介しました)なら、せめて一冊1時間くらいで読めるようにならんかな…。」とまたも反自然的なスケベ心が湧き出てしまったので、諦めるためという言い訳を前提に、試してみました。

 

実験に読ませていただいた本は養老孟司氏の『文系の壁(PHP新書)』

https://www.amazon.co.jp/文系の壁-PHP新書-養老-孟司/dp/4569825338

 

 

書籍の内容は、

養老孟司氏が4人の理系学部出身者の工学博士や起業家、記者などと対談

・文系にも関係あるけど、普段文系が意識しない分野について意見を交わす

 

といったもので、現役文系大学生の自分には知ってることが少ない、速読しづらい分野の本であることは間違いありませんでした。

 

改めまして高速大量回転法のやり方を確認、

①読み方を「リラックスして、視野を広く持ち、わかろうとせず、文字を音にしないようにする」という速読モードにシフトする

②まずはわかるところだけを捉えての流し読みをして、本の全体像を掴む (ストックを得る)、そしてそのストックをつかって更に速く、次はもう少しだけ細かいところを読んでより深くその本の内容を掴む(ストック積み上げ)、そしてそのスト(以下略

 

 

まずは、目次とまえがき、あとがきを周回して全体像を掴むところから

それではやってみよう!

 

 

 

・・・

 

 

 

①ができねぇ。

 

 

一部の単語は何とか拾えます。しかし、文脈が拾えないから単語の意味が結局分からないし繋がらない。

 

 

結局、開始1分で挫折orz

 

 

その後、いつも通りに本を読み、意味がわかることに感動。

うん、速読試した価値あったねこれで。

 

ただ何も変えずに読むのももったいない気がしたので、読む順番だけを今までの

①まえがき

②目次はスキップ

③本文前から順に(分からないことあったら途中でも調べる)

④あとがき

 

から

 

まえがき

あとがき

目次

④本文、1区切り毎に通し読みして⑤へ(分からないところで止まらず、一旦区切りの終わりまで読み通す

⑤1区切り毎に読み直したいところをじっくり読んで④に戻る

 

最初の3ステップを丁寧にすること。

1区切り(章とか)を④⑤の手順で読む。

という2点を大事にして読んでみました。

 

するとこれがなかなかに無理なくスムーズになります。

 

※付け足しですが、読み通ししていてよく分からなかったところはサッと線だけ引いておくと後でめっちゃ便利ですね。

 

こうすると、

著者の主張の主軸や行き先がどこにあるのか分かる

・なので、そこに至るまでの経緯をたどっていくイメージで本文が読める。

・なので、自分の頭の中での内容整理がかんたんになる

「いいな」と思ったところに線を引いたりページ折ったりする派の人は、④で全体感を掴んだ上で大事なところを選べるから、比較的きれいに要所整理できます。

・その本で自分が分かること、共感することが④で分かる。

・その本で自分がよく分からないこと、考えてみたいことが⑤で分かる。

 

といったメリットがありました

 

おわりとしては、

自分の読みやすい自然体な読み方をして、

読む順番などを工夫して更に自分に分かりやすいようにするともっと楽しい読書が出来る!

 

ということですね、自然モードでいきましょう

 

↓よろしければコチラもどうぞ

taro-1997.hatenadiary.jp

不幸話で語学が学べる?

 

先にまとめ

・英語の、不幸話投稿サイトFML(F**k My Life)「くそったれ人生め」が面白い。

・サイトの内容は、自分に起きたFMLと思った事を短い文章で投稿して楽しむという内容

・英語の勉強にもなるし、言語違えど同じ人間という気持ちを持てる

 

最近英語の学習の一環で、色々な海外のwebサイトを回って見るのが好きです。

 

その中でも最近FML(F**k My Life:「くそったれ人生め」みたいな意味のスラング)というサイトに特にハマっています。

www.fmylife.com

サイトの内容としては、世界中の人たちが自分に起こったくそったれな出来事を投稿して、それを見た人たちはそれに対して

 

・ああ、お前の人生クソだな

・いや、お前はそれでいいわ

 のどっちかを選べるというシンプルなサイトです。

 

せっかくなので、ちょっと今日見たものの一部を紹介します。

※私のつたない訳ですがお楽しみください。

 

Today, my husband dropped me off at work. Ten minutes later I got a text saying "I just dropped the b*tch off I'll be there in a few baby, miss you". I asked about it. He said, "I don't know what you're talking about, Megan". My name isn't Megan. Not even close. FML. 

 訳

今日、夫に職場まで送ってもらって、降ろしてもらった十分後にこんなメッセージが届いたの

「今あのクソ女を降ろしてきたところさ。もうちょっとで着くよベイビー、早く会いたいよ。」

このことについて彼に聞いたらこう返ってきたの「何を言っているのかさっぱりだよミーガン」

私の名前はミーガンじゃないし、一文字も合ってないわ。

クソッタレ

 

Today, I met the perfect girl. She was beautiful, smart, and funny. She was also pregnant. FML

今日、完璧な女性に出会ったんだ。

彼女は美人で、聡明で、面白くて、そして妊娠していたんだ。

 

クソッタレ

 

Today, I work at a private pool where I can get up to six people in for free. Naturally, I invited my crush. She brought her boyfriend.FML

今日、6人まで招待できるプライベートプールで働いてたのさ。もちろん、片思い中のあの子を誘ったし、来てくれたんだ!

 

彼氏連れでな。

クソッタレ。

 

Today, I had to collect my daughter from Heathrow Airport after British Airways cancelled her school trip flight. It's fine. I was already at the airport on my way for a girls' week to Portugal. I couldn't go. THANKS BA. 

FML

今日、私の娘が修学旅行で乗るはずだった大英航空の便がキャンセルになったらしいから、迎えに行かないといけなかったの。

でも大丈夫。私も空港にいたからね。

 

ポルトガル女子旅行への途中だったけど。

ありがとう大英航空、おかげで行けなかったわ。

 

クソッタレ

 

Today, and for the past month, I've been feeling lighthead from a breathing problem. I've now been prescribed a medication to help with my anxiety and my breathing issue, which would in turn help stop me from getting so  lightheaded. The side effect of said medication: lightheadness. 

FML

今日、というかここ一ヶ月ほど、呼吸の疾患からか頭がくらくらしてたから、薬を処方してもらったんだ。

呼吸疾患に効くやつと、不安を和らげてくれるやつで、これで頭のくらくらも解消されていくんだとさ。

ちなみに薬の副作用は、「頭がふらつく」だってさ。

 

クソッタレ

 

 

などなどと、日本ではTwitterとかで流れて来そうな不幸話などがもう多種多様にあります。

 

このサイトは単純に面白いですし、英語の勉強にもなかなか使えると思います。

 

そう思う理由は何と言っても文の内容の想像のしやすさと手軽さ。

 

今まで、サイトを使ったのではTEDとかBBCとかBloombergを何とか読んだり聴いたりする学習をしていたりしていましたが、あちらは

1つ1つの文が長い

どうもイメージするのに難しい内容が多い

ので、TOEIC860とかそれぐらいのレベルにない限りは、あまりオススメできないですね。

 

それに比べて、FMLは

1文が短い

内容がイメージしやすい

あ、言語は違っても同じ人間なんだな…。と思える

といった点でオススメですね!

 

やっぱり言語は共感が大切。

とすれば、人の日常的な不幸話は、最高の語学教材になり得るのかもしれませんね…。

今朝の記事:戦略偏重では負ける

先にまとめ

・メガネの製造小売り大手JINSの田中仁社長は、戦略偏重の経営からビジョンを描き、それを自由な発想で実現していく方針の重要性を説く

・売れるか売れないかでは身動きが制限されてしまい、生き残れなくなってしまう

・本当に重要なのは「自分たちは何者であるか」を明確にし、そのうえで必要なものを自由に拡大させていくこと

 

 

パソコン用メガネ『JINS PC(現JINS SCREEN)』のブームで一気に有名となった眼鏡の製造小売り大手のJINS

 

そのJINSが新たに、人生を拡大し豊かにすることを意味する「マグニファイ・ライフ」というビジョンを掲げて、自由な発想が生まれる企業風土作りに挑んでいる

 

 

そこに至った経緯としては、

・店舗数の増加に伴う従業員の急増

・教育が追いつかず、接客の質が低下した。

・パソコン用眼鏡の生産を何とか間に合わせることにばかり集中してしまい、通教の眼鏡の品ぞろえが悪化してしまった。

 

といったことが主であるらしく

 

また同社の社長である田中仁氏はこう語りました

 

 一番問題だと思ったのは、「売れるから」ということが先行して「自分が欲しいものを吟味して店頭に並べよう」という意識が、社員に希薄になっていたことです。「この商品はこの時期に売れるから」というように、惰性で仕事をするようになっていました。そういうのを一切やめたんです。 

−2017/6/5 日経新聞「組織の発想力育む「ビジョン」で挑む眼鏡のジンズ」

 

 

つまり、経営において重要な要素であると考えられている「戦略」に変調するあまり、経営において最も重要であるintegrity(誠実さ)やパッション(情熱)を失っていたということでしょう

 

そこで田中社長は、「戦略=ビジョン」という状態から、「ビジョン→戦略」という自然な姿であるために、『マグニファイ・ライフ』という大きな軸を企業に打ちたてたのです

 

 

ビジネスは生き残りが難しい世界ですが、そこで「勝つにはどうすればいいか」にだけ集中してしまうと逆に負けてしまう。

 

本当に大事なのは、自分が何者で、何がしたいのか。

 

経営を学び、実践していこうとする者として、心に刻んでおかねばですね

目的を持った読書をしてはいけない

先にまとめ

・本を読む目的を先に決めることは一見合理的に見え、読書のスピードを速めることはできるが、行き過ぎると読書のリターンを下げてしまう。

・目的を決めるということは、読書前の自分のものさしで本の読むところを決めてしまい、その枠組みにのみ凝り固まってしまう危険性がある。

・極意は「本を読んでいる自分を読む」こと。

 

 

タイトルとはそれますが、読書好きなら一度は「速読」に憧れるものですよね。

 

私も読書が好きなのですが読むのが遅く、次々と読みたい本が増えに増え、Amazonの欲しいものリストの本が500冊を超えてしまいました…。

 

こうなれば速読だ!と思い、速読について色々と調べてみたところ結構な数の速読手法があることを知り、とりあえず評価の高かった『どんな本でも大量に読める「速読」の本(だいわ出版)』を読んでみました。

www.amazon.co.jp

 

この本で紹介されている速読法は『高速大量回転法』というもので、内容をまとめるとこんな感じでした↓

 

〜高速大量回転法とは〜 

 

・速読力=速読技術×ストック

・速読技術とは、速読という読み方にシフトすることで、「リラックスして、視野を広く持ち、わかろうとせず、文字を音にしないこと」

・ストック(知識・情報・経験など)が多い人ほど本を速く読める。

とにかく肝心なのはストック、つまり読書慣れ。

・高速大量回転法は、同じ本を繰り返し読むことで、その本の自体のストックを蓄え、それを使って速読するという手法。

・深い理解にこだわらず、高速で全体の流れを把握することで、「速いからこそ理解できる」という状態になる。→その状態からさらに繰り返して速くかつストックが蓄えられる。

・また、二回目以降は当然その前より速く読める→さらに速く読めるから、さらに繰り返せる。

 

 

つまり、知識や情報が多いほど読み飛ばせる部分が多くなり、早く読めるようになると…。

 

 

そりゃそうだよね。

はい、正直速読には「魔法みたいに何でも1冊1時間以内で読めるもの」という幻想を抱いてました

 

 

こんな記事【役に立たない読書のすすめ? - 自然に生きたいマン】を書いておきながら、未だにとりあえず早くいっぱい読むことに価値があると思い込んでいたのがこの本のおかげで判明しました(-.-;)

 

 

そしてその上で、この本を読んで何より刺さったのがこの2つの話

 

・分からないことを重点的に分かるようにしていくための読書術。

読書は、自分の読書前の目的(読書前の自分の価値観)を手放すためにある。

・そのため、読書前にその読書の目的を決めてはいけない。

 

そうつまり、真の速読の目的は、分かることと分からないことを分けて。今の自分にはない新たな価値観との出会いをしやすくするためにあるのです!

 

 

読む本の目的を事前に定めたほうがその目的に沿った内容が意識的に入りやすくなるから、目的を決めて読書すると効率が良いと今まで思っていたのですが、

よく考えればそれって読書の面白さである新しい出会いを阻害してますよね…。

 

 

うん、楽しんで読むのが一番だね