Now's the time

休学して起業家育成NPOで働きだした男の、アドリブ雑記ブログです

Youtubeあるなら、授業とかいらなくない?

先にまとめ

Youtubeは多彩なジャンルの動画が存在しており、何かを学ぶコンテンツとしても十分に有用である。

・動画内で、投稿者または動画内で取り上げられている人物の主張を学ぶことができるというだけでなく、コメント欄を見ることでその物事に対する様々な視点が手に入る。

・様々欠点はあるにしても、Youtubeを見るためにかかるコストは非常に低く、その分使えるお金で本を買う余裕ができたりイベントに参加できたりできる。

 

 

最近、Youtubeって学習面においても本当に優秀だな…って思ってます

 

そう思ったのは、ホリエモンこと堀江さんの投稿する動画や、堀江さんが出演したラジオの音声などをまとめた動画を最近調べ物ついでで見始めたことがきっかけでして

 

僕は「誰もがのびのびと好き勝手するのが仕事になる」という社会になるべきだと思っているので、そういう生き方の日本代表といっても過言でない堀江さんの著書を読むのがもともと好きだったのですが、

これがさらに動画となると堀江さんが他の著名人や一般人などいろんな人といろんなテーマで時にはものすごく苛烈な議論をしているのを聞けたり、コメント欄で堀江さんの話が批判されまくっているのも、またその批判が批判されまくっているのも見ることができたりと、正直めちゃくちゃ面白い情報にあふれているんですよ!

 

どんな意見や考えに対してもほぼだいたい全てに批判がセットで付いてくるっていうのはインターネットコンテンツの本当にいいところですね

 

授業を受けるとか、ただ本を読むとかそういう学習では、現状ではネットより深めに知らない知識を得ることが出来るのかもしれませんが、大抵の場合教える側の立場からしかその知識を捉えることができないので、その知識の捉え方という面においては偏りやすいのではないでしょうか?

 

本であれば多数の本を読んでみるとか、授業であればアクティブラーニングで批判し合うといった手法さえあれば解決しうる問題でもありますが、多数の本を買って読むには金銭的にも時間的にもコストがかかりますし、授業のアクティブラーニングというのも、まず前提としてその授業を受けているというコミュニティーが自体が狭いのでネットよりも批判の多様性において劣るでしょうし…。

 

さらに言えばYoutubeで動画を開くというのは自発的な行動であって、その動画のタイトルになっているような話題に関してある程度の関心・モチベーションが保証されているわけですし、頭に入ってくる効率も高いんじゃないかな…。

 

 

教育にはお金がかかるっていうのは結構広く蔓延している固定概念の一つだと思うのですけど、これはもう違うんじゃないですかね?

 

正直、YoutubeTwitter、それに図書館さえあれば教育、めっちゃコスト低くできるでしょ!

 

と、学費たっかい私立大学に通いながら思うのでした。

 

 

批判、お待ちしてます