Now's the time

「起業家精神とは何ぞや!」と思ってもらえたら勝ちです

目的を持った読書をしてはいけない

先にまとめ

・本を読む目的を先に決めることは一見合理的に見え、読書のスピードを速めることはできるが、行き過ぎると読書のリターンを下げてしまう。

・目的を決めるということは、読書前の自分のものさしで本の読むところを決めてしまい、その枠組みにのみ凝り固まってしまう危険性がある。

・極意は「本を読んでいる自分を読む」こと。

 

 

タイトルとはそれますが、読書好きなら一度は「速読」に憧れるものですよね。

 

私も読書が好きなのですが読むのが遅く、次々と読みたい本が増えに増え、Amazonの欲しいものリストの本が500冊を超えてしまいました…。

 

こうなれば速読だ!と思い、速読について色々と調べてみたところ結構な数の速読手法があることを知り、とりあえず評価の高かった『どんな本でも大量に読める「速読」の本(だいわ出版)』を読んでみました。

www.amazon.co.jp

 

この本で紹介されている速読法は『高速大量回転法』というもので、内容をまとめるとこんな感じでした↓

 

〜高速大量回転法とは〜 

 

・速読力=速読技術×ストック

・速読技術とは、速読という読み方にシフトすることで、「リラックスして、視野を広く持ち、わかろうとせず、文字を音にしないこと」

・ストック(知識・情報・経験など)が多い人ほど本を速く読める。

とにかく肝心なのはストック、つまり読書慣れ。

・高速大量回転法は、同じ本を繰り返し読むことで、その本の自体のストックを蓄え、それを使って速読するという手法。

・深い理解にこだわらず、高速で全体の流れを把握することで、「速いからこそ理解できる」という状態になる。→その状態からさらに繰り返して速くかつストックが蓄えられる。

・また、二回目以降は当然その前より速く読める→さらに速く読めるから、さらに繰り返せる。

 

 

つまり、知識や情報が多いほど読み飛ばせる部分が多くなり、早く読めるようになると…。

 

 

そりゃそうだよね。

はい、正直速読には「魔法みたいに何でも1冊1時間以内で読めるもの」という幻想を抱いてました

 

 

こんな記事【役に立たない読書のすすめ? - 自然に生きたいマン】を書いておきながら、未だにとりあえず早くいっぱい読むことに価値があると思い込んでいたのがこの本のおかげで判明しました(-.-;)

 

 

そしてその上で、この本を読んで何より刺さったのがこの2つの話

 

・分からないことを重点的に分かるようにしていくための読書術。

読書は、自分の読書前の目的(読書前の自分の価値観)を手放すためにある。

・そのため、読書前にその読書の目的を決めてはいけない。

 

そうつまり、真の速読の目的は、分かることと分からないことを分けて。今の自分にはない新たな価値観との出会いをしやすくするためにあるのです!

 

 

読む本の目的を事前に定めたほうがその目的に沿った内容が意識的に入りやすくなるから、目的を決めて読書すると効率が良いと今まで思っていたのですが、

よく考えればそれって読書の面白さである新しい出会いを阻害してますよね…。

 

 

うん、楽しんで読むのが一番だね