Now's the time

「起業家精神とは何ぞや!」と思ってもらえたら勝ちです

自然に、頭を使って読書しよう

先にまとめ

・やっぱり速読、無理です。いわゆる速読的読み方は才能ないと無理です。

・ただし、先に全体像を掴んでからの読書というのは本当に速くなるなど、工夫次第では生かせるメソッドもある。

・自然に読み、読む道筋を工夫した読書が一番楽しい。

 

 

taro-1997.hatenadiary.jp

 

この記事を書いた時に「速読は魔法じゃない」ことを認識し、

・読書慣れが大事

・知らないことを探すための速読で、変な期待を無駄

 

という結論を出したものの、

「でもこの高速大量回転法(↑の記事にて紹介しました)なら、せめて一冊1時間くらいで読めるようにならんかな…。」とまたも反自然的なスケベ心が湧き出てしまったので、諦めるためという言い訳を前提に、試してみました。

 

実験に読ませていただいた本は養老孟司氏の『文系の壁(PHP新書)』

https://www.amazon.co.jp/文系の壁-PHP新書-養老-孟司/dp/4569825338

 

 

書籍の内容は、

養老孟司氏が4人の理系学部出身者の工学博士や起業家、記者などと対談

・文系にも関係あるけど、普段文系が意識しない分野について意見を交わす

 

といったもので、現役文系大学生の自分には知ってることが少ない、速読しづらい分野の本であることは間違いありませんでした。

 

改めまして高速大量回転法のやり方を確認、

①読み方を「リラックスして、視野を広く持ち、わかろうとせず、文字を音にしないようにする」という速読モードにシフトする

②まずはわかるところだけを捉えての流し読みをして、本の全体像を掴む (ストックを得る)、そしてそのストックをつかって更に速く、次はもう少しだけ細かいところを読んでより深くその本の内容を掴む(ストック積み上げ)、そしてそのスト(以下略

 

 

まずは、目次とまえがき、あとがきを周回して全体像を掴むところから

それではやってみよう!

 

 

 

・・・

 

 

 

①ができねぇ。

 

 

一部の単語は何とか拾えます。しかし、文脈が拾えないから単語の意味が結局分からないし繋がらない。

 

 

結局、開始1分で挫折orz

 

 

その後、いつも通りに本を読み、意味がわかることに感動。

うん、速読試した価値あったねこれで。

 

ただ何も変えずに読むのももったいない気がしたので、読む順番だけを今までの

①まえがき

②目次はスキップ

③本文前から順に(分からないことあったら途中でも調べる)

④あとがき

 

から

 

まえがき

あとがき

目次

④本文、1区切り毎に通し読みして⑤へ(分からないところで止まらず、一旦区切りの終わりまで読み通す

⑤1区切り毎に読み直したいところをじっくり読んで④に戻る

 

最初の3ステップを丁寧にすること。

1区切り(章とか)を④⑤の手順で読む。

という2点を大事にして読んでみました。

 

するとこれがなかなかに無理なくスムーズになります。

 

※付け足しですが、読み通ししていてよく分からなかったところはサッと線だけ引いておくと後でめっちゃ便利ですね。

 

こうすると、

著者の主張の主軸や行き先がどこにあるのか分かる

・なので、そこに至るまでの経緯をたどっていくイメージで本文が読める。

・なので、自分の頭の中での内容整理がかんたんになる

「いいな」と思ったところに線を引いたりページ折ったりする派の人は、④で全体感を掴んだ上で大事なところを選べるから、比較的きれいに要所整理できます。

・その本で自分が分かること、共感することが④で分かる。

・その本で自分がよく分からないこと、考えてみたいことが⑤で分かる。

 

といったメリットがありました

 

おわりとしては、

自分の読みやすい自然体な読み方をして、

読む順番などを工夫して更に自分に分かりやすいようにするともっと楽しい読書が出来る!

 

ということですね、自然モードでいきましょう

 

↓よろしければコチラもどうぞ

taro-1997.hatenadiary.jp