Now's the time

「起業家精神とは何ぞや!」と思ってもらえたら勝ちです

安定って、人と違うことだと思う

僕は今、大学3年生です。

一般的に言えば、「そろそろ就活について色々と考えなきゃいけない」時期でしょう。

 

最近、所属するゼミの活動の一環で参加する予定のビジネスコンテストに向けての様々な準備をしています。

 

僕はもともと人に言われたことが嫌いであるという単純な理由から起業にとても関心があり、ホリエモンこと堀江貴文さんの本を読んだり、学生の起業を支援する日本のNPO法人ETICのインターンに行ったりしてきました。

 

そういった経験やそこで得た知識、また様々なニュースを通して、

 

・AIやロボットといった技術の発展で、ほとんどの仕事は自動化が可能になる。

グローバル化で競争が更に激化し、一見安定しているような企業もちょっとした綻びであっという間に危機に陥る可能性が十分にある。

・逆に世の中は今までは評価されてこなかったような分野でも優れた能力が一部の人にでも評価されれば生きていける仕組みができた(例:ゲーム、Youtubeなど)

 

ということが現状なのだということを知り、それだったら

 

「安定 = 自分の好きなことを仕事にすること」

 

なのではないかと考えるようになり、今では確信しています。

 

なので、自分はビジネスコンテストを、「新しいアイデアを作って自分も好きなことを仕事にする一歩」にできると思い、非常に楽しみにしていました。

 

しかし、ゼミが自分たちに求めていたものも、周りのメンバーが参加する理由も全て「就職のため」というのが現状でした。

 

「なぜ、就職にするの?」「起業したいと思わないの?」

と聞けば答えは必ず

「安定するから」「危険だと思う」

 

僕は思います、今最も危険で安定しないのは「安定している」という理由で就職することです。

安定して就職をするために、何をするのでしょうか。

SPIテストの勉強をして、

TOEICのスコアを取るために勉強して、

合同説明会に行くのでしょうか。

それこそ、何千、何万という人がやっているようなことと同じことをして、安定なんてあるんでしょうか?

 

機械より計算が遅く、

アメリカ人より英語ができず、

面接のために自己分析をするだけするような人は安定できるのでしょうか?

 

自分じゃなくてもできる人が沢山いる単調な仕事に、「仕事やめたい」「月曜日が嫌い」とtwitterでつぶやいては今日もその仕事を続けるのは安定なのでしょうか?

 

僕はまだ20歳で世の中のことをまだ全然よく分かってません。

 

ですが、本当に安定する人は魅力的な人だということは分かります。

 

そして魅力的な人とは「他人から代替不可能だと認められる人」だと僕は思います。

 

そうなるには、他人とは違うことをしなければいけません。

 

ですが、そんなのは簡単なはずです。

 

なぜなら、誰もが違う親の元に生まれ、違う容姿を持ち、違う家で過ごし、違う学校のに通い、違う団体に入り、違う人と出会い、違うものを見て、違うご飯を食べて、違う時間に寝て起きるからです。

 

全ての経験も知識も情報も同じなんてことは絶対にありえません。

 

ならば、その人の感性、何が好きで何が楽しくてといった気持ちは必ず他の人と違うはずです。

 

自分の感性を信じて、生きていくことが安定につながると、僕は今考えています。

 

 

僕自身も、このビジネスコンテストを通した一件はどうしても書き綴りたくなるほどに自分の感性に響く経験でした。

 

僕は、イキイキと自分が楽しいと思うことに熱中する人を見るのが好きです。

なので、周りが求める就職のために、自分の好きなことをするのが制限されて苦しんでいる人を見るのはとても「違う」と感じます。

 

だから僕は、周りからの影響で好きなことに熱中するのが「怖い」という人を助けることを仕事にします。

 

まずは今ここまでこの記事を読んでくれた方の心が、少しでも変わってくれれば幸いです。